09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

WAVEルナポーン製作開始 

エエかげんパチ組みで遊ぶのも飽きてきたので、そろそろ製作開始。
今回は極力キットの関節を生かしつつ、好みのプロポーションを目指してみましょう~

まずは気になるポイントをピックアップ~

●肩、肘関節
waki.jpg

隙間が気になる~。

●手首
tekubi.jpg

これも隙間が…

●足首
asi.jpg

ル○ン3世のような細い足首が気になる~

では、早速やってみよう!
まずは肩から。
肩幅を詰めることで隙間をなくせば、同時に「着ている」感じを演出できるかと。

ude_1.jpg

部品B14の関節部分を根元で切り取り、大体2mmほど詰めてから再接着。
詰める長さは目安なので、現場合わせでやりましょう~。
力のかかる部分なので、2mm径の真鍮線を通しておきます。

ude_2.jpg

上から見た図。
右が加工前、左が加工後。

kata_2.jpg

ボディに仕込むとこんな感じ。
こういう時にスナップフィットは便利ですな。スナップの良さを再認識~。

kata_1.jpg

腕をはめたところ。
肩が内側に入っているのが判ります?

次に肘と手首。
ude_4.jpg

関節を活かしたいので、プラ部品を加工します。
関節部品(B6,7)を中にめり込ませたいので、部品受けの下側だけ切り取り、上側に1mmスペーサーを入れます。
…言葉で説明するのって難しいね。画像をご参照ください。

ude_3.jpg


手首もボール部分を根元で切り離し、手首側に3mm径の穴を開け、ボールの付け根までめり込ませました。
でもこれはめり込ませすぎ~。もう少しボールを浮かせないと、手首がほとんど動きません(笑)
ポリ部品F13も若干切ります。

あ、ここまで来て、作業前との比較画像が無い事に気づいた!

次回、足首編と共に画像掲載します。もう1体組まなきゃ~

続く~

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://zbv3000eddy.blog16.fc2.com/tb.php/87-897244f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。