01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

1/35 A.F.S.製作ガイド 2 [パイピング編] 

キットを組むこと自体はさして難しい所はありません。
そこで、ディテールアップポイントを紹介して行きます~。
今回はパイピング編。小さいスケールだからこそ、パイピングをきっちりしてやると精密感が増すのでお勧めです。

まずは腰部分。
DSC00258.jpg

日東のAFSと同様に、腰アーマー取付け基部下側に1mm径の穴を左右2カ所ずつ開けます。
piping_2.jpg

足とボディをつなぐ「フンドシ」パーツの前方両角を削ります。
DSC00264.jpg

足パーツの太腿外側前方に1mm径の穴を開けます。
膝の側面にあるパイプスプリング接合部も同様に開口。

afs_pipe.jpg

画像を参考に、1mm径パイプスプリングをつなぎます。
(画像はアルミ線を使ってます。)
太腿と繋がるパイプは、フンドシパーツとボディを接着する時に取付けましょう。
膝横に繋がるスプリングは塗装後付ける方が楽かな?その際には腰装甲板は最後に接着すると良いでしょう。

豆知識:
市販のパイプスプリング、1mm径ではWAVEとコトブキヤが入手しやすいです。
コトブキヤのは最初から黒いのですが、WAVEは銀色で、バネの弾力も固め。
私はたまたま、手元にあったのがWAVE製品でしたので、スプリングをガスコンロで炙り、焼き鈍して使いました。こうすれば柔らかくなるし、色も黒くなり一石二鳥~
pipe.jpg

焼き鈍す時に芯を入れてやらないと、炙ってる途中でスプリングが「へなっ」と曲がるので、中に0.6mm程度のピアノ線を入れてからやると上手く行きます。

この記事に対するコメント

こんちは

サイト見てたら記事が載っていたので、見にきました。また見にきますね~!

URL | けんじ #-

2006/03/14 01:14 * 編集 *

また見に来てくださ~い!
ところで、どちらのけんじさん?

URL | えでぃ #EBUSheBA

2006/03/15 10:11 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://zbv3000eddy.blog16.fc2.com/tb.php/41-8225b43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。