05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Mr.JASONのシェンケル梱包マニュアル 

このページはパスワード制限をかけておりましたが、内容が気になる!との声を多数いただきましたので(笑)
公開いたします。

Ma.K.展示会へ郵送展示するためにまとめた、ジェイソン氏製作のシェンケルの再梱包マニュアルです。
ちなみに神戸展示会への往復で破損なし!これで貴方のシェンケルも大丈夫ですよ!(笑)


手順1
schenkel_pack1.jpg

一番大きなスポンジ(グレー)、ギザギザ面の上に機関部を天地逆にして載せ、
その四方を脚に合わせて切り欠いたグレースポンジで押さえます。
その際、スポンジのギザギザ同士をかみ合わせてください。

※追記
この波型スポンジはジェイソン氏から送られてきた時に使われていました。
このアイディアは今後使わせてもらおうと思います。

手順2
schenkel_pack2.jpg
更にその上に、長方形のグレースポンジ二つ(一つは脚の形に切り欠きあり)と小さめの長方形スポンジを
画像のように置きます。

手順3
schenkel_pack3.jpg
手順2まで進んだら、風呂敷で仮に包んで箱に入れます。
風呂敷は45度傾けた状態にしてください。
箱に入れてから、小片スポンジを隙間に入れてください。(この辺適当です)

手順4
schenkel_pack4.jpg
粒の大きいプチプチを敷いて、砲塔を図のようにやや斜めに置きます。
入れる時には、砲塔左右を黄色いスポンジで挟んで、スポンジを潰しながら箱に入れてください。
その後、グレーを各部に合うように(適当w)入れましょう。

手順5
schenkel_pack5.jpg
最後に残った黄色スポンジ(砲塔上のパイプに合わせて切り欠きあり)を乗せます。

手順6
schenkel_pack6.jpg
プチプチで砲塔を包みます。(画像には手順5のスポンジが写っていませんが気のせいですw)

手順7
schenkel_pack7.jpg
最後に風呂敷の四方を結んで、隙間にスチロールチップを入れたら蓋を締めてください。
アンテナ二つはチャック袋に入れて、風呂敷の隙間に突っ込んでくださいw

以上です。
シェンケルを開封するときは、風呂敷ごと持ち上げて開けば楽に出せると思います。

※追記
ワシ自身が最近時間の余裕が無くて、展示会に作品を出しても撤収に行けない、
または遠方へ出展するので開封と再梱包をお願いしなければならないという状況から、
このようなマニュアルを作るように心がけております。
簡単な物ならば手書きマニュアルを荷物に添えるのですが、シェンケルは書くより
画像にした方が早かったのでこのようにしました。
神戸ではこのページをプリントアウトしてくださって作業していただいたようで、
お陰様で全く破損せずに戻ってきました。
神戸展示会スタッフの皆様、ありがとうございました。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://zbv3000eddy.blog16.fc2.com/tb.php/352-da062d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。