01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

シェンケル製作番外編 プロップレプリカを目指すみたいな 

さて、複製時のレギュレーション上、アーティストモデルに付いているパーツ全てを複製することはできませんでした。
しかしここまで来たら、なるべく近づけたい!という方もおられるでしょう。
そこで、少しだけ(少しか?(笑))市販キットから追加してみましょう。

まず、砲塔背面のジェリカン。
ここは大半がタミヤの 「S.A.S.ジープ」のジェリカンです。
しかし、一つだけドイツ型のジェリカンが入ってます。
ワシはずっと、タミヤのドイツ軍ジェリカンだと思っていましたが違いました(汗

シェンケルの組み立てで手持ちの画像をいろいろ見ているうちに、
「あれ?このジェリカンだけ持ち手が3本?」と気付きました(笑)

この画像、奥にピンボケですがジェリカンが写ってますねー。
SCHENKEL_ue3.jpg

で、当時のキットで一番可能性が高いのがこれ。

イタレリのジェリカンセット。
タミヤのこの頃のジェリカンは、持ち手部分が2本になっているのですが、
この製品はちゃんと3本で再現されています。
確証した訳ではないですが、たぶん間違いないだろう、つかもうこれでいいや(笑)
でもこのジェリカンセット、出来がエエですよ!これは現在でも店頭入手可。

はい、これだけ使います。黄土色がS.A.S.ジープから、グレーのがイタレリ。
DSC_0445.jpg

こんな感じで並びますー。
ここから何ミリ、とかは知りませんので目分量です。
DSC_0447.jpg

続きまして、砲塔上のカモフラージュネット。
正直、こんなパーツまでがんばる必要はないけど(笑)

タミヤ「ドイツ親衛隊歩兵セット」
1lpku.jpg
ワシのシェンケル解析ページでは「ホルヒ&20mm高射砲けん引セット」となっていますが、
それに入っているのと同じフィギュアです。
最近は再販されていないようですが、中古模型店では比較的安価で入手できるかと。
プレ値ついてても元値が知れてますから。

で、使うのはこれだけ(笑)
DSC_0458.jpg


こんな感じ。
あ、手前に写っているスコップも追加しました。
これはタミヤのマチルダMk.IIから。
DSC_0459.jpg


しかし侮る事無かれ。サフ吹いてみたら意外とディテールしっかりしています。
DSC_0461.jpg

そして砲塔レーザーカノン側の斧とバール状の物。
これはタミヤパンサーA型の装備品。バール状の物は、実はスコップの柄です(笑)
86068290.jpg


後は以前にも上げましたが、マチルダのライト、パンターの対空機銃懸架レール(自作しましたね)。
これだけあれば比較的(笑)アーティストモデルに近づけることができます。

DSC_0460.jpg

さあ、そろそろ塗らなきゃー!

てなわけで本日これまで!

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://zbv3000eddy.blog16.fc2.com/tb.php/330-63dae8e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。