12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

シェンケル製作サポートその12 砲塔部4 

今回は少し手間のかかる部分です。
リード線で配線をしてからパーツを接着します。

画像の位置に0.8~0.9mm径の穴を開けます。
DSC_0237.jpg

こちらは砲塔下側。同様に開口します。
DSC_0238.jpg

開けた穴に0.8~0.9mm径程度のリード線を差し込み、画像のように接着します。
画像では0.8mmのプラ棒(プラストテクト製)を使っています。
※リード線の種類によっては、接着剤が効かない製品があります。
事前に接着出来るか確かめてから作業しましょう。
p03.jpg

そのまま砲塔上面を這わせて裏側へ。
p04.jpg

裏側から下面へ。
p02.jpg

先ほど開けた穴へ挿入します。
DSC_0323.jpg

そして今回のパーツ。今回からパーツリストに合わせた表記といたします。
今回までの解説も順次番号を差し替える事をご了承ください。
b4.jpg

B16を本体に接着します。接着する向きに気をつけて下さい。
DSC_0310.jpg

DSC_0309.jpg

B4、B28、C18、E6を接着します。
DSC_0336.jpg

DSC_0334.jpg

B16に被せるようにB42を接着します。
DSC_0337.jpg

DSC_0338.jpg

続いて砲塔中心部、ハッチ等。
DSC_0208.jpg

それぞれ画像のように接着します。
DSC_0340.jpg

C15を接着したらパーティングラインを埋め、
画像の位置に0.8~0.9mm径の穴を開けます。
DSC_0307.jpg

下方にあるガイドの窪みも同様に開口。
DSC_0308.jpg

画像のようにリード線を這わせます。
p09.jpg

p10.jpg

さらに続いて砲塔向かって左寄り。
筒状のE4パーツの側面にリード線の通る溝があります。
p08.jpg

砲塔正面中央のライト?
DSC_0212.jpg

E4を接着する前に配線をします。
その後、E4をリード線に被せるようにして接着します。
p06.jpg

E31を砲塔に接着してから、配線の先を挿入します。
p05.jpg

ちょっと長くなりましたが、本日はこれまで!

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://zbv3000eddy.blog16.fc2.com/tb.php/323-b5aa59e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。