07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

シェンケル製作サポートその7 機関部4 

いよいよ機関部と脚部の合体です。
4脚をバランスよく接地させるための重要な部分です。
仮組を入念に行ってください。

機関部前側と脚部をつなぐパイプ状パーツ。
製品複製の都合上4つ入っていますが、2つだけ使います。
16_20120226074729.jpg

画像を参考に、パーツを脚部(付根のシャフトが長い方・脚部2を参照)
に差し込み、付根の水平に気を付けながら(まだ接着しない)
反対側を機関部中央ブロックに接着固定し、その後脚部付根側も接着します。
接着後に1mm程度の金属線で補強すると良いでしょう。
16-1_20120226074729.jpg

[推奨]機関部の脚付根部分、なるべく見えない部分で金属線を入れておくと
立たせたときの安定感が向上します。
色々やり方があると思いますが、以下に一例を挙げておきます。

前側付根部分、画像のように下からフェンダーへ貫通するように1mm径で穴を開け
金属線を挿入、瞬間接着剤で固定します。
016-1.jpg

※パーツとして入っておりますが、この部分は3mm径のアルミ線等に置き換えて
脚部パーツを貫通した方が強度を確保できます。
レジンパーツをガイドにして製作する事をお勧めします。

機関部中央ブロックと砲塔の接合部。
2本突き出たパイプと脚部を接合します。
17.jpg

画像を参考に仮組をします。まだ接着はしないでください。
まず後ろ側の脚部(付根シャフトの短い方)を左右とも付根に差し込みます。
そして突き出たパイプを脚部に差し込み、接地部分のバランスを調整してから
各部を接着固定してください。
17-1.jpg

[推奨]なるべく見えない部分で金属線を入れておくと良いでしょう。
特に後ろ側は、支えになる部分が少ないのでお勧めします。
脚付け根接合部分の前側から後方の「大和っぽい機銃状のパーツ」まで貫通し、
脚部付根シャフト挿入後に金属線を差し込み接着固定してください。
016-2.jpg

※この部分も前側同様、3mm径のアルミ線等に置き換えて
脚部パーツを貫通した方が強度を確保できます。
特に後ろ側は脚部の固定部分が少ないので、置き換えを推奨します。

これで下半身?が自立するようになりました!
本日これまで。

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://zbv3000eddy.blog16.fc2.com/tb.php/317-5635074e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。