12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

WARでGANS その7 

ちょっと作業が停滞しておりますが更新だけでも。
ガンス製作の難所その2、ノズル周りです。
インストでは明確な位置の指示はないので、資料を見つつ悩みましょう。




例によって固定は1mmアルミ線。茶色なのは、園芸用を買ったため。
この色ならパイプスプリングの中に入れても目立たないので良いですよ。
画像ではアルミ線を見せるために隙間を開けてありますが、
ノズルとエンジン部が接触するように根元まで差し込みます。

DSC00028.jpg


キット附属のレジン製ノズルと同じディテールを作るのは面倒なので、自分なりの解釈も入れてでっちあげてます。
画像内1:
キット附属パーツ。ノズルの位置を決めてから、下の支えになるように接着しました。
画像内2:
これもキットパーツ。資料を参考にぺたっと。
画像内3:
クレーテb32パーツ。これは左右ノズルの間にある整流板?に使ったパーツの余り部分。マックロ2の写真を見て、これらしい形状のパーツがある、ように見えたので。
画像内4:
クレーテc39。脚部サスペションパーツですが、足には一体成形のe4を使ったので大丈夫。これはアーティストモデルと同じです。

ついでにカメラ部。

DSC00031.jpg


画像内A:
フレーダーマウスからパチってきました。このパーツは本来レジン製が入っているはずなのに、手元のキットでは欠品してました。
今更部品請求もできんし、プラパーツの方が丈夫なので。
画像内1:
タンクの下に穴を開けて後付け出来るようにします。
画像内2:
クレーテb21に穴を開け、適当なプラ棒を挿し、ノイの腕部分に挿しこめるようにします。
画像内3:
ここも穴を開けて挿しこんであるだけです。
塗装後、角度を決めてから接着します。

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://zbv3000eddy.blog16.fc2.com/tb.php/18-552a85ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。