07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

1/20 グラジエーター初期型(Q4-Store製) 

ワンフェス2008[冬]にて、Q4-Storeのブースで飾らせていただきました。
今日はもう眠いので、とりあえず画像だけ掲載~。
詳細は後日。



3/15 追記

という訳でグラジエーターです。
このキットは各方面で絶賛されている通り、アーティストモデルをばっちり再現した上、
とても組みやすいパーツ構成になっており、その気になれば半日もかからずに形になってしまいます。
例えばエンジンルーム。
D1000314.jpg

細かいパイプがあったりして精密感が出ているのですが
D1000313.jpg

わずか4パーツで構成されています。
こんな感じで、精密感を出しつつ巧みなパーツ分割で組みやすく、
ガレージキット入門には最適ではないでしょうか。
ぱぱっと組んでじっくり塗装に凝る、というのも良いですねぇ。
サクサク組んだので途中経過撮ってませんでしたよ。

実際、あまりいじる所がないのは個人的に物足りなかったので
無理矢理改造してみました(笑)
というか、わしの場合出張やテンジカイで運搬する事が多いので
箱のサイズを縮小するために脚基部にポリキャップを仕込み、
可動させることで折り畳めるようにしました。
それに伴い、アンダーガード?を真鍮板で新造、固定ステーをハンダ付けしました。
D1000431.jpg


それでは、完成画像をもう一度ご覧ください~
↓  ↓  ↓  
DSC02372.jpg

DSC02376.jpg

DSC02374.jpg

DSC02375.jpg

DSC02378.jpg


塗装は下地に黒鉄色をスプレー、その後一番筆でモンキーローズとミドルストーンで2色迷彩。
例によってスポンジヤスリやコピックカラーレスブレンダーで塗幕を剥がしてます。
乗るときに脚をかけそうな所や擦れそうな所を重点的に。

当初はモンキーローズ単色のつもりでしたが、あまりにのっぺりしてしまったので
伊原源三さんのラプターに準拠しました。

第1戦車師団・第8戦車連隊・第6偵察中隊にドールハウスとの
機種交換で配備されたイメージです。(オレ設定)
なんだか、サイケな感じがしないでもないですが(汗)

パイロットヘッドは口を結んで正面を向いていたので、口を削って開いてやり、
首を少し横に振りました。
もう少し表情をつけても良かったかな?
あとはもう少しウェザリングしたいのですが、ひとまずはこれにておしまい。

さて、次は何にしようかね~?

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://zbv3000eddy.blog16.fc2.com/tb.php/161-1e664609
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。