12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

WAVE A.F.S.Mk.II・その10 塗装直前~ 

やっと塗装前状態まで来ました。確認の意味も含めて仮組~
DSC01584.jpg

○今回加工した部分
・ヘルメット側面の増加装甲?に溶接表現を追加
 溶接表現はマシーネンとしての「記号」ですので入れましたが、ヘルメットだけでええかな~。
 
・ノーズガードを日東AFSから流用
 これがまたぴったりハマるんだ。

・胸パーツ上部を若干えぐる
 日東のキットにはあったラインです。そのままでも良いかと思いましたがボディ上面がまっ平らでつまらないので入れました。
言わなければわからない程度のえぐりです。

・指の関節を彫り込んで強調
 デザインナイフでコリコリと。プラが柔らかいので楽ちん~。

DSC01583.jpg

それとひとつ、お詫びと訂正があります~
レーザーアームのディテールが90°ずれている(その3参照)と書きましたが、最近の研究(笑)によると、実際はキットのままで正しいという事が判明しました。
ワシのブログを参照して同様の加工をされた皆さん、ごめんなさいm(_ _)m
レーザーバレルが白いのは、パーツを無くしたのでルナポーンのあまり部品です。

DSC01585.jpg

今回は背中の増槽タンクは非装着とするので、取り付け穴にWAVEのOパーツを入れて蓋のようにしました。
あとはエキゾースト?の縁を薄く、穴を深く。

DSC01586.jpg

背中パーツとボディ上部の接合面に段差があるので、接着後瞬着パテで均します。
センセのハッチオープンに習って、背中パーツから肩装甲板付け根まで筋彫りを追加。

さあ、やっと塗装だ~!

Ma.K.製作中[傭兵軍]  /  tb: --  /  cm: 1  /  △top

この記事に対するコメント

>レーザーアームのディテールが90°ずれている(その3参照)と書きましたが、
>最近の研究(笑)によると、実際はキットのままで正しいという事が判明しました。

えー?そんな事ないだろう?と思ってAFS掲載号のHJをよくよく見てみると…ホントだ!キットのままで正解だ!
いやー、陸ポーンの腕を改造して完成した後だったのでちょっとショック(笑)
これまで定番の工作だっただけに意外でした。新事実というか、勘違いに気付いたというか…。マシーネンの歴史に新たな1ページが…。

URL | ree #Lzv7/fLE

2007/09/05 13:02 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。