08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

【イベントレポ】モーレツ!Ma.K.モケイ道場! 

本日はOMMT実行委員会主催の「モーレツ!Ma.K.模型道場!」に参加してきました。
普段は夜中に家族が寝静まってからひっそりと製作に勤しんでいるので、あまり作っている姿を息子らには見せてないし、良い機会なので一緒に連れて行きました。

家を出るのが遅くなり,11時前にようやく会場入り。
まあ今回は大きく宣伝もしてないし、少人数でこじんまりと模型製作できればそれでエエわ~、と思っていたのですが。


何この盛況振りは!
画像ではそれほどでないようですが、五つのテーブルに4~6人かけて作業できるスペースがすでに満杯。午後からは椅子も足らなくなり、立ち見やかわりばんこで作業する方も。

DSC02845.jpg
そして展示コーナーも設営。
いつものギャラリーで見る雰囲気とはまた違った趣で、これもまた良いかと。

DSC02850.jpg
ウチの息子たちも、大きなお友達に混じって作業開始~。
長男は「AFS Mk.II」、次男は私のストック棚から「たまごヒコーキ」をチョイス。
たまごヒコーキのパッケージを見た皆が、「…初版じゃないですか?」って言うもんだから、開封するの一瞬戸惑いましたが(笑)
これも将来のモデラーを育成するため!と涙を飲んで(ちょっとウソ)開封。

長男はAFSのアンダーゲート処理に苦労していたようですが、持ち前の根気で黙々と製作。
次男は「どれ付けるん?これ?」とインストも見ずにどんどんパーツを切り出していく。
時々長男の面倒を見ながら、次男の作業を大半フォロー。
でもさすがはたまごヒコーキ、あっという間に組み上がりました。

DSC02852.jpg
次男は暇になるとすぐ「かえろ~」攻撃に移るので(笑)塗装に入る。
メタルカラーでべた塗りして磨くのであれば、さほど技術もいらんし。
次男が塗り終わるのと同じ頃に、長男のAFSも組み上がる。

DSC02853.jpg
「僕も色塗る~」と、ラッカーのグレー系でわしゃわしゃっと塗って「できた!」
って、半分以上色のって無いねんけどなぁ…

昼食を挟んで作業再開。
さあ、ワシもちょっとは楽しませてもらうからな~!
持参したAFS Mk.Iにマホガニーで下塗りを始めると、長男がマネをしてまた塗り始める。
こちらは面相筆なのでペースは遅いが、長男は平筆で一気に塗り上げる!
「次は?どうすんの?」と来るので、ミドルストーンで基本塗装をさせる。
平筆でひたすらガシガシ塗る、下地が泣こうが剥がれようがおかまいなし(笑)
次男は「もう終わり?まだ帰らんの?」と飽きてきた模様。

一通り塗った所で、次の予定のために後ろ髪を引かれつつ撤収。
結局、ワシ自身はあまり作業できなかったなぁ…
しかし長男は面白かったらしく,帰宅後すぐにデカールを貼り、一応完成させました。

DSC02855.jpg
勉強机の一角に専用の置き場を作って飾っております。

DSC02856.jpg
次男は、後半は有機溶剤の匂いで参っていたらしく、「もう行かない」と(泣)
まさか30人近い人数で塗装するとは思わなかったからねぇ…
会場の換気能力を超えていたようです。
それでも、自分で完成させた事には満足してくれたようなので良かった良かった。

ご参加いただいた皆様、そしてスタッフのみなさん、どうもありがとう&お疲れさまでした。
スタッフらしい事何もできずにすみません(汗)

以上、イベントレポというよりただの家族日記でした(笑)
スポンサーサイト
テンジカイ  /  tb: 0  /  cm: 5  /  △top

【お知らせ】いよいよ明日開催!「モーレツ!Ma.Kモケイ道場!」!! 

いよいよ明日開催となります「モーレツ!Ma.Kモケイ道場!」。
会場へは自由参加、参加費は無料となっております。
会場で作業をされる方はもちろん、見学に来られるだけでも大歓迎です。
詳細は公式サイトをご覧ください~。

今回は初の試みなのでどういう展開になるのかは全くわかりません(笑)
ま、みんなで楽しくまったりと模型製作しましょうってノリでお願いいたします。
Ma.K.[お知らせ]  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

陸戦ガンス 予約開始~! 

既に話題になっていますが、WAVEより陸戦ガンスの発売告知が出ていますね。

何より,告知ページに載っている文章が期待を高めずには居れません!
(以下抜粋)
「お待たせしました! 永らく生産休止状態にありながら再販希望のリクエストが絶えることがなかったNITTO+WAVEのマシーネンクリーガーシリーズがこの冬再始動します!
第1弾は、最もリクエストの声が多かった「陸戦GANS]。単なる再販ではなく、新規デカールを付属させ、以前購入された方も買い逃していた方も満足出来る仕様となっています。
ウェーブは、今後もNITTOの既存のキットに、新規ランナーを加えた形での新製品を計画中。キット化されていないアイテムにスポットライトを当てていきます。

100%新規開発によるウェーブ独自のシリーズ。NITTOの既存のキットにウェーブの新パーツを追加したシリーズ。ウェーブは、「マシーネンクリーガー」を2つのシリーズで展開していきます。」


今回は新規デカールでの再販となり、まだ備蓄があるワシとしても買わねばならぬのか~?(笑)
塗装カードは付くのか?ボックスアートはどうなる?など気になる事も満載。

問題は軍資金やなぁ…
ともあれ、この調子で次のスーパージェリー、スネークアイに繋げて欲しいですね!
おっと、繋げるにはやはり買うしか無い!
Ma.K.[お知らせ]  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

WAVE A.F.S.Mk.Iその5・ちょっと寄り道  

存在意義が云々といいながら,やっぱり気になるアーティストモデル。
今回は寄り道して、アーティストモデルへの道を探ってみましょう。


まず上から比較~。
画像左がWAVE、右が日東です。
本体の前後長は0.5ミリ程、幅は1ミリ程度WAVEの方が小さいです。

D1000184_20080913005051.jpg
側面から~。
ひさし部分があごに比べて1ミリ程度引っ込んでいます。
開口部は広がっています。
しかし、頭頂部のモヒカン部分からひさしの長さは大体同じくらい。

ふ~む、どうしたものか。

まず寸法を合わすとするなら、前後長は接着面で0.5ミリ、
ひさし部分は切り離して1ミリ延長,ひさしの角度をやや下げる事によって
開口部を狭くしてやる感じかな。
あご部分は幅を広げるため、左右の耳部分とツライチか、気持ちはみ出す位になるようにがっちり接着。

って、文章で書いても伝わらんよねぇ。
-- 続きを読む --

WAVE A.F.S.Mk.I・その4 細かい所をちまちまと 


腰のスカスカ感を低減させるために、腰装甲板の基部パーツを1ミリ程度削ります。
前の部分はそのままでボディにめり込ませ、胸パーツの脇を切り込んで被せるようにしています。
ボディ側の受けの突起部分も併せて削りますが,少し多めに削っておくと装甲板のジョイントが飛び出さなくなって見た目にすっきりします。
これは個人的な好みの部分でもありますが、腰が引き締まるのでお勧め~。

D1000181.jpg
今回は新オプション、レーザー基部カバーを使います。
キットパーツのままだとレーザーバレルと基部の一体感が無いので、
レーザーバレルをプラ棒から削りだしました。
電動ドリルにプラ棒を噛ませて回し、彫刻刀で削ってバレルの段差を表現。
カバーに穴をあけて、中からバレルが通っているように見せます。

あとは肘間接を縮めてやれば大体の工作は終了となるはずでした、が。
D1000180.jpg
…ホンマ頼むわ、WAVEさん。
2,3回しか抜き差ししてないのに、両方とも割れた。
行程の所為か材料の所為か判らんけど,品質低下しているように思います。
うまく肘にカバー付けられないか考え中。

モーレツ!Ma.K模型道場!詳細について 

OMMT実行委員会より「モーレツ!Ma.K模型道場!」詳細のお知らせです。

以下、一部を抜粋して掲載しております。
詳細は公式サイトをご覧ください。
----------------------------------------
開催日時:
2008年9月23日(火)祝日
10:00~開場、16:00まで利用可能です。

開催場所:
大阪市立学習センター アトリエ(なんばOCATビル4階)
http://osakademanabu.com/namba/

事前エントリ、参加費:
事前エントリなし、参加費は無料です。お気軽に参加ください。

終了後の打ち上げ参加者募集!:
終了後、近々の場所にて、簡単ですが打ち上げを実施予定です(18:00~20:00まで予定)。打ち上げ参加希望の方は、場所の確保の関係ございますので、事前にエントリをお願いいたします。
----------------------------------------
とにかく、朝から日暮れまでみんなでワイワイやりながら楽しく模型を作りましょう~、
というイベントです。
終了後には打ち上げ(要申し込み)もありますので、皆さん奮ってご参加ください!
Ma.K.[お知らせ]  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

WAVE A.F.S.Mk.Iその3・やっぱり太いよなぁ 

WAVE版になって一番大きく違うのがヘルメットのライン。
アーティストモデルを目指すのなら日東版のヘルメットを移植すれば早いのですが、
それをするとこのキットの(ワシにとっての)存在意義を否定する事になります。
胸のデザインも、Mk.IIよりはむしろMk.Iにぴったりのラインだと思います。

しかし、このヘルメットにこのボディ幅。
ワシのイメージするMk.Iは、もっとヘルメットとボディが一体感のあるんです。

てことは、ヘルメット以外を幅詰め?(笑)

さぁ~いってみよう!
↓ ↓ ↓
-- 続きを読む --

WAVE A.F.S.Mk.Iその2・まずは下半身から 

まずは腰高感を解消してみよー。
股関節が高すぎて、太ももが折れ曲がる位置が不自然に見えるのが一番の不満点(個人的にね)
なので、股関節のポリ部品(F3,F4)のはめ込み位置を4ミリ程度下げました。

20471973_4237242051.jpg
画像が悪くてすみません。
本来のポリ部品の受け部分を切り取り、4ミリ下げた位置でがっちり固定。

ポリ部品がめり込むので、太ももの内側を斜めに切り込んで、コマネチ(古っ!)ラインを作ってやりました。
20471973_2033191714.jpg
このままだと身長が低くなりすぎるので、腰部分で調節しました。
いつもならミクロマンの腰を移植するのですが、在庫切れのためキットパーツとWAVEのプラサポ、Bジョイント(共に05シリーズ)で関節を作っています。
以前製作していたポーラベアよりもキットパーツを極力使うようにしてます。
これで、全体で2ミリ程度低くなりました。

次は禁断の?ボディ改造編に突入!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。