02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

WAVE POLAR BEAR・その3 塗装直前? 

いろんな事を同時進行しながらやっとここまで進みました。
塗装前におさらい~。

D1000434_20080317001936.jpg
今回はMa.K.B.D.に出てくる機体をイメージしております。
右腕はSAFSの腕にポーラベアーの右腕先端を接着、肘も加工しています。
B.D.だと右胸に何やらライトのような物が描かれているように見えるので、
これは現地改修の追加装備という事にして小型ライト(センサー?)を付けてみました。

D1000435_20080317001943.jpg
前回ボールジョイントで新造した股関節は木工エポキシパテでディテールを追加。
ふんどし部分は軸に通す穴を大きめにしているので、脚の動きに合わせて動きます。

D1000436_20080317001954.jpg
腰アーマー取り付け基部は幅をつめると腰がしまってカッチョよくなる(と思っている)ので
接着面から1mm程度削りました。しかし全部の面を削ってしまうと、
後方の突き出した部分が小さくなってしまうので、突き出した部分の頂点は削らす、
そこから下方へ向けて最大1mmまで削りました。
詳しくは画像の説明をご覧ください~(って、わかってもらえるかな?(汗))



さぁ~、塗装できる頃には春になってそうだな。
スポンサーサイト

1/20 グラジエーター初期型(Q4-Store製) 

ワンフェス2008[冬]にて、Q4-Storeのブースで飾らせていただきました。
今日はもう眠いので、とりあえず画像だけ掲載~。
詳細は後日。



3/15 追記

という訳でグラジエーターです。
このキットは各方面で絶賛されている通り、アーティストモデルをばっちり再現した上、
とても組みやすいパーツ構成になっており、その気になれば半日もかからずに形になってしまいます。
例えばエンジンルーム。
D1000314.jpg

細かいパイプがあったりして精密感が出ているのですが
D1000313.jpg

わずか4パーツで構成されています。
こんな感じで、精密感を出しつつ巧みなパーツ分割で組みやすく、
ガレージキット入門には最適ではないでしょうか。
ぱぱっと組んでじっくり塗装に凝る、というのも良いですねぇ。
サクサク組んだので途中経過撮ってませんでしたよ。

実際、あまりいじる所がないのは個人的に物足りなかったので
無理矢理改造してみました(笑)
というか、わしの場合出張やテンジカイで運搬する事が多いので
箱のサイズを縮小するために脚基部にポリキャップを仕込み、
可動させることで折り畳めるようにしました。
それに伴い、アンダーガード?を真鍮板で新造、固定ステーをハンダ付けしました。
D1000431.jpg


それでは、完成画像をもう一度ご覧ください~
↓  ↓  ↓  
-- 続きを読む --

1/35 A.F.S.Mk.II (Zionel Westen-bis製) 




ワンフェス2008[冬]において、Zionel Westen-bisで販売していた1/35 A.F.S.Mk.IIの完成見本です。
塗装はラプターの塗装カードにあった「第1戦車師団・第8戦車連隊・第6偵察中隊」に準拠。
WAVEのサイトにあるMk.IIの彩色見本のマネです。

キットは素立ちポーズですが、足のと左腕の角度をいじって歩行ポーズにしました。
関節で切って角度を変えただけなので、エポパテ等は使っておりません。

塗装は下地にマホガニーをスプレー、ガイアカラーのMa.K.カラーのモンキーローズで基本色を塗り、
白帯などは同アンチフラッシュホワイト。
基本塗装が終わったらスポンジやすりやコピックのカラーレスブレンダーでエッジをこすって下地を出します。削りすぎたところやタッチを変えたいところは、同サイレントグレーで塗ってあります。
機体ナンバー、「閑」マークも手描き。下地以外は一番筆一本だけで塗りました。
ホンマにこの筆は気持ち良いです。
塗装の含み具合と穂先のコシが個人的にドンピシャって感じ。
「閑」マークは目と技術の限界を超えたので(笑)この程度です。

最後にパステル粉やコピックで汚しを入れて完成。
-- 続きを読む --

ワシ的ワンフェス回顧録・その3 

24日早朝
結局30分ほど仮眠しただけで朝を迎える。
荷物を車に積み込み、いざビッグサイトへ!うわまだ風強いな~。
会場にはすんなり到着した物の、手違いで駐車場に入れず。
駐車場横に車を止めて(警備員に許可していただきました)ダンボールを降ろす、が
押さえていないと飛んでいくほどの強風。まだ前日の余波が残っているよう。

こういち代表がディーラー手続きを済ませ台車を持ってくる。
幸いでかい台車だったので、荷物は一回で載せられた。
ディーラー証は3枚だけなので、こういち代表は駐車場を探しに行き、M'-O、F、えでぃの3名で搬入~。
会場内に入りディーラー卓で荷物を降ろす。
ワシは会場慣れしていないので、設営はお二人にお願いして、空になった台車を屋外の所定位置に返却しにいった。
建物を出て壁沿いを歩いているうちは良かったけど、広場へ出たとたんに強風~!
台車に10mほど引きずられました(汗)会場スタッフに助けられ事なきを得ましたが、空の台車はいとも簡単に流されていきますなぁ。
周りでも台車から段ボールを飛ばされて商品や荷物ををぶちまけている人達がそこかしこに。

卓に戻り、設営を手伝う。
そうだ、今回はQ4-Storeのグラジも飾ってもらうんだった!
慌ててQ4卓に向かう途中、門川さんから連絡が入る。
電話しながら歩いていると、京都の森さんにばったり。電話しながら、お土産をいただく(汗

Q4-Storeにグラジを飾らせてもらい、挨拶もそこそこに卓へ戻る。時間がない~!
商品に版権シールをひたすら貼る。
貼る、貼る、貼る~… いくつも貼らないうちに午前9時。ワシ、今日出勤(泣)
こういち代表と交代するために卓を後にする。ワシのワンフェス、終了~。

強風の中、長蛇の列と逆方向に歩いていく。
一般入場の皆様、サブいのにご苦労様です~。
そして仕事に向かうのであった…

(完)

ワンフェス  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。