12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

WAVE POLAR BEAR・その2 足をいじってみる 

やはりポーラベアは2体セットで!という訳で同時進行中。
今回は可動重視版です。

D1000430.jpg

B.D.に出てくるマッシヴな雰囲気を出すため太ももをパンプアップ~。
接着面の前側だけ1mmプラ板を挟んでいます。

D1000432.jpg

今回の腰関節。WAVEのポリパーツとプラサポの組み合わせです。どちらも[05]シリーズ。

D1000433.jpg

えーと、説明するのが面倒なので(すんません)画像と商品を見比べてください。
足の付け根と同じ高さにボールジョイントを入れて、腰のスイング範囲を広く取ってます。

D1000434.jpg

ボディとのバランスはこんな感じ。
実際の座高はノーマルキットとあまり変わらないかな。

D1000435.jpg

可動範囲の拡大が狙いではありますが、関節の位置を変更して、
より「人が入っている感」を出したい故の改造です。

D1000436.jpg

このままでは間接回りがスカスカなのでエポパテでコートします。

次回へ続く~
スポンサーサイト

ポーラベアー製作・微速前進 

なんだか模型いじるための時間が捻出できずにやきもきしております。
それでも隙をみて微速前進中~。

今日は背中と左右タンクが接する部分の分割が気になるので手を加えました。

D1000427.jpg

まず背中パーツにプラ板でのりしろを作ります。

D1000428.jpg

次に左右タンク側の出っ張っている部分をデザインナイフで慎重にカット、
先ほどののりしろ部分に接着します。
このときボディ本体にもエンジンハッチの分割線をスジボリします。

D1000429.jpg

接着した部分をパテでならせば出来上がり。

いや、ホンマに重箱の隅をつつくような加工ですな。
まあ模型趣味なんて自己満足の具現化ですから~。

本日ここまで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。