06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ワンフェス2007・夏 卓番号決定~ 

今回もZionel Westen-bisから参加です。
例によって本人は行けない予感~(泣)

ブース番号:B01-08 です。
ラインナップはこんな感じ~。

・ロボットバトルより
●1/48 ランスロット 販売価格:5000円 (再販)
●1/76 スケッチブックのロボット(4脚) 販売価格:5000円 (新製品)
上記2点、製作者:こうちち

・ブレッヒマンより
1/35 MK52 販売価格:18000円 (新製品) 
製作者:F
※今回は原型展示のみとなりました。


・Ma.Kより
●1/35 ケルベロス 販売価格:17000円 (新製品)
製作者:ぎらっぱ
(製作記事はギラ屋を参照)

1/35 グスタフ 販売価格:2500円 (新製品)
1/35 コンラート 販売価格:2500円 (新製品)
※今回は原型展示のみとなりました。
●1/76 ドールハウス 販売価格 5000円 (再販)
上記3点、製作者:M'-O

●1/20 傭兵軍・整備兵1(宇宙) 販売価格:1000円 (再販)
●1/20 傭兵軍・整備兵2(宇宙) 販売価格:1000円 (新製品)
●1/20 傭兵軍志願兵 A 販売価格:1000円 (新製品)
●1/20 傭兵軍志願兵 B 販売価格:1000円 (新製品)
●1/20 傭兵軍志願兵 C 販売価格:1000円 (新製品)
上記5点、製作者:門川

●1/20 SAFSプロトタイプ改造キット 販売価格:7000円 (再販)
●1/35 AFS Mk.II 販売価格:2500円 (リニューアル)
●1/20 傭兵軍・パイロットヘッドセット 販売価格:1000円 (新製品)
●1/20 メルジーネ試作増加型・改造キット 販売価格:6000円 (リニューアル)
●1/20 グスタフ用増加装甲・改造キット 販売価格:500円 (新製品)
上記5点、製作者:えでぃ

詳細は追ってお知らせします!

スポンサーサイト
ワンフェス  /  tb: --  /  cm: 5  /  △top

WAVE A.F.S.Mk.II・その8 背中の加工 

これも避けては通れぬ道か(笑)
DSC01439.jpg

-- 続きを読む --
Ma.K.製作中[傭兵軍]  /  tb: --  /  cm: 2  /  △top

WAVE A.F.S.Mk.II・その7 肩装甲板の加工 

え~、前回があまりに自己満足ぶっちぎり加工だったので、
今回は「普通に」AFSを製作する時に役立つ加工です。

肩装甲板の付け根ですが、可動重視のためか、下にさがると隙間が開いて気になります。
(え?ワシだけ?)
DSC01397.jpg

で、装甲付け根を一旦切り離し、角度を変えて再接着します。
(画像左側が加工後)
角度は画像をご参照ください~


DSC01396.jpg

で、こうなります。
可動範囲は狭くなりますが、それほど影響はありません。

今日はこんだけ~。
Ma.K.製作中[傭兵軍]  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

WAVE A.F.S.Mk.II・その6 自己満足に拍車がかかった加工 

DSC01389.jpg

サフ吹いてみた。

…ん~、なんか物足りない。
もうちょっと、こう細身だけどメリハリのある体型っつーか、
それが薄いような…

やはりやってみるか~。

DSC01393.jpg

という訳でやってみました。
どこが違うかお分かりいただけますでしょうか?

ほ~んのわずかですが、腰が引き締まっています。
これもビリー隊長のご利益か?(んなアホな)

このWAVE版は腰回りが太い印象があったのですが、アーティストモデルでは上から下に向けて
わずかに絞られているらしいので(参照:Maschinen Krieger Web)それを再現するのと、
腰アーマーがどうも浮いている感じでスカスカしてたのが気に入らなかったのですが、
Ma.K仲間から「腰アーマーの取り付け部の厚みが原因では?」と言うてるのを聞き(げんさん、ありがと~)それも取り入れてみました。

それでは以下、解説~

-- 続きを読む --
Ma.K.製作中[傭兵軍]  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

WAVE A.F.S.Mk.II・その5 舌の根も乾かぬうちに 

D1000170.jpg

やっちゃった(笑)

>キットの極薄成形も魅力的なのでこのままでもエエかな~。
とか言ってたくせに!

ん~、でもこれで落ち着いたわ。わはは~
Ma.K.製作中[傭兵軍]  /  tb: --  /  cm: 5  /  △top

WAVE A.F.S.Mk.II・その4 胸部、ヘルメットの加工 

D1000168.jpg

はい、やってしまいました。
仮組で一番最初に気になった部分です。
特に胸パーツは、MK.IとIIの面構成をエエとこ取りした感じ?で
新生AFSとしては非常に巧く、かっちょエエラインだと思います、が。

私のイメージするものとは違いました~。
気になってしまった物はしゃーない。あとはやるだけよ~!とばかりに加工。
アーティストモデルのレプリカではなく、あくまで「自分の好みのライン」を目指しています。

※ここで宣言しておきますが、これは
自己満足の為の作業です!
正直な所、二つ目を作る時には同じ作業は二度としません!だってめんどくさいもん(笑)
WAVEのキットのラインで充分カッチョエエですよ。
レプリカを目指すなら日東版をベースにした方が早いし(笑)

とはいえ、やはり自分の中で一番かっちょエエのはアーティストモデルなので(爆)
言うてること無茶苦茶ですな。

D1000169O.jpg

まず胸の面構成ですが、まず胸パーツ中央、お腹のなだらかなへこみをヤスリで削って
平面の2面構成にします。(1)
裏側にはパテで裏打ちをお忘れなく。
続いて左右の張り出し部分にプラ板を接着し、やや丸みを帯びた2面構成にします。(2)
そして、その下方へ繋がるラインを、アルテコ瞬着パテで盛りつけ整形。(3)
腰にはくびれが付くように少し削り込みます。

続いてヘルメット。大きく違うようですが、ちょっとの加工で充分です。
開口部が広くなっているので、ひさし部分を0.8mm程度塞ぎます。(4)
そして額がやや狭くなるように、こめかみ?部分を削り込みます。(5)
ここも裏打ちを。

D1000169.jpg


これだけでかなり「見慣れた」姿になったと思いますがいかがでしょうか?
あとはヘルメットのあご部分を加工~とか考えてしまいますが、キットの極薄成形も魅力的なのでこのままでもエエかな~。
Ma.K.製作中[傭兵軍]  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。