07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

釧路・札幌マシーネラー生態調査の旅 

月曜日から今日まで、北海道のマシーネラー生態調査に行ってきました。

…うそ。

ぶっちゃけ出張だったのですが、滅多に行く事の無い北海道の模型事情、マシーネン事情が気になったのも確かです。
で、札幌はネットで懇意にしていただいているHOBBY SPACE JUNさんにお邪魔する段取りを付けていたのですが、釧路は正直期待していませんでした。
月曜日、空港バスが釧路駅前に差し掛かった時、その思いがいっそう強くなるような寂れた(失礼!)光景が目にはいりました、が。
バス停の正面に模型屋さんが!しかもホテルから30m程の距離。
さっさと荷物をホテルに放り込み、早速訪問。 街に似合わず(失礼!)標準以上の品揃え。マシーネンもある! 個人経営の店には大きく二種類あると思います。 「いらっしゃい。」の一言だけであとは何にも言わない店と、その後「何かお探しですか?」と続けて話しかけてくる店。ワシは内弁慶なので、後者の場合だと話がしやすいのでありがたい。
訪問した「模型のミヤケ」さんは後者でした。内心「やたっ!」と思いながらも平静を装い、「いやぁ、出張で大阪から来てまして~暇つぶしに何か作ろうかと。」と切り出し、ちょうど再販されていたザブングル三種セットと在庫のフリーゲを購入。 店員さんが「マシーネン、うちのお客さんも好きな人多いんですよ。二階に展示室ありますからお見せしましょう。」二階で常連さんと一緒に作品をみながら、しばし模型談義。店員さんの「大阪は展示会とか色々盛り上がっているみたいですねぇ。」この一言で辛抱たまらんようになって、正体をバラシてしまいました(笑) その後は展示会のネタや作例話をまくしたててしまいました~。 てな訳で釧路のマシーネラーも元気でした。

翌日、釧路からプロペラ機で札幌丘珠空港へ~。エンジン部がよく見える席で面白かった(笑) ホテルに荷物を放り込んで、向かうはHOBBY SPACE JUNさん。 ここは札幌で一番マシーネンが充実しているお店です。 お店の近くで車を降りましたが、場所がわからず、店長さんに迎えに来ていただきました。 「ホントに小さい店なんで…」と案内されてまず目に入ったのは、ショーケースに溢れんばかりの作品群。毎月のように企画されるコンペに持ち寄られた物だとか。とにかくその勢いに圧倒されます。
奥に進むと常連客でマシーネラーののっしー君が。ワシが来るというのでわざわざ待っていてくれたそうです。嬉しいなぁ。 しばらく模型談義。途中からお母さんモデラーさん(お名前失念!すみません)も加わり盛り上がりました~。 何だか、話している内に作る気が湧いてきました。 とりあえずザク作ろう(笑)

で、今日は仕事終えたら夕方の飛行機で帰るのでしたが、昨年のテンジカイにもはるばるご参加いただいた札幌マシーネラーの杉さんが空港まで車で送ってくれました。 途中模型屋に二件寄り、車中でもマシーネン談義。何だかマシーネン濃度の高い3日間でした。

明日からまた日常が始まる~。 でもまた来週から10日間の東京出張。 えでぃの旅は続く。

デジカメ持っていくのを忘れたので画像無しです。すんません。
スポンサーサイト

昇天 

夏の終わりは別れの季節でもあります。
運命と分かっていても寂しいもんですなぁ。

6月末に、長男のお習字の先生からいただいたカブトムシ「デカキング」が天寿を全うして旅立ちました…
一番体がでかかったのに、一番臆病でかわいい奴でした。
それとメスも3匹、相次いで昇天。

しかし、通常一ヶ月しか生きないと言われる成虫ですが、高タンパクゼリーの為か皆長生きです。
ムシ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

キャンプの収穫? 




早朝5時に目覚ましをセットするも、その前にヒグラシの大合唱で目が覚めた。
一人外へ這い出し、クヌギの生えているポイントへ。しかし、樹液に集まっているのはアリやらムカデやら。やはり時期が遅かったのね~。
周りを見ると同じ境遇のお父さん達が懐中電灯片手にウロウロ(笑)
手ぶらでバンガローに戻り、さあもう一眠り~と目をつぶったら長男に起こされた(泣)
再び捕虫網を持って出発。
小一時間うろつき、カブクワが居ない事に納得した長男。
今度は「カニ!」キャンプ場内にせせらぎが有り、サワガニがいっぱいいるんです。
10匹ほど捕獲。あとアカガエルとヤマガエルを1匹ずつ。どうするんだよ~(泣)
カエルは飼うの大変なので逃がすつもりでしたが、次男がどうしても飼うと聞かないので
ちゃんと面倒見る事を条件に持ち帰りました。
結局、ワシが面倒見るんだけど…
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

思い立ったが吉日 




新潟帰省から戻った翌朝。
長男の「夏休みにしたいこと」の一つに「山でカブトムシを捕まえる」てのがありました。
しかし、ワシの休みは残り3日。時期的にも、すでにカブト、クワガタの季節は終わろうとしている…
朝からネット検索してみると、今日ならキャンプ場(バンガロー)が空いている!
ええい、考えている暇はない!とばかりに準備開始~!(我が家では異例の早さで決断)
着替えとキャンプ用具を車に詰め込み、行ってきました丹波篠山。
泊まったのはユニトピア篠山。キャンプ場の近くには奇麗なホテルもあり、アウトドア(で泊まるのが)苦手な家内も、風呂は奇麗な所で入れるので一安心。

結局の所、カブクワにはお目見えできませんでしたが、久しぶりのアウトドアでオモロかった。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

帰省日記その2 




8月15日に書いてます。
帰省二日目。この日は朝から豪雨(泣)週間予報ではずっと晴れだったのに~!
昨年、長男が「流しそうめんて、どんなん?」という質問に答える為、実家で竹を調達してもらい、実際に作ってやった所非常に喜んでくれました。
で、何を勘違いしたのか、長男の頭の中で「新潟=海と流しそうめん」という方程式が出来上がってしまったようで…
ま、雨で何も出来ないから準備するのには丁度良かったけれど。
昨年は準備に手間取りましたが、今回は2回目ということもあり、また調達されたのがとても良い竹で、非常にスムーズに出来ました。

皆さんもチャレンジしてみては?結構オモロいですよ~
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

遡り日記・帰省編 

8月15日に書いてます。

今日は私の実家、新潟へ帰省。毎年恒例の行事です。
実家とはいえ、私は新潟に住んでいた事はありません。
両親が「水が美味い、米が美味い、酒、魚が美味い」と、居着いてしまいました。

車でおよそ7時間。時間はかかるけど、飛行機の大人一人往復料金で行けるのでがんばって走ります。
午後一時過ぎに到着、息子達は疲れも見せず、「うみ~!」と大合唱。
家から車で5分ほどの海岸へ。気温も高く、海水浴日和でした。

hanabi.jpg


この日は新潟祭りの最終日。花火があるとのことで、兄夫婦に場所取りをしてもらい
夕方から出かけていきました。
大阪で花火見物と言えば、河川敷で肩が触れ合わんばかりに人が集まってくるのですが、こちらはのどかでした。大人5人、子供二人でブルーシート2枚ほどのスペースを取り、ごろ寝しながら花火が見れます(笑)
兄に言わせると「新潟祭りの花火はレベルが低い」そうですが、結構楽しめました。
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

WARでGANS その7 

ちょっと作業が停滞しておりますが更新だけでも。
ガンス製作の難所その2、ノズル周りです。
インストでは明確な位置の指示はないので、資料を見つつ悩みましょう。




例によって固定は1mmアルミ線。茶色なのは、園芸用を買ったため。
この色ならパイプスプリングの中に入れても目立たないので良いですよ。
画像ではアルミ線を見せるために隙間を開けてありますが、
ノズルとエンジン部が接触するように根元まで差し込みます。

DSC00028.jpg


キット附属のレジン製ノズルと同じディテールを作るのは面倒なので、自分なりの解釈も入れてでっちあげてます。
画像内1:
キット附属パーツ。ノズルの位置を決めてから、下の支えになるように接着しました。
画像内2:
これもキットパーツ。資料を参考にぺたっと。
画像内3:
クレーテb32パーツ。これは左右ノズルの間にある整流板?に使ったパーツの余り部分。マックロ2の写真を見て、これらしい形状のパーツがある、ように見えたので。
画像内4:
クレーテc39。脚部サスペションパーツですが、足には一体成形のe4を使ったので大丈夫。これはアーティストモデルと同じです。

ついでにカメラ部。

DSC00031.jpg


画像内A:
フレーダーマウスからパチってきました。このパーツは本来レジン製が入っているはずなのに、手元のキットでは欠品してました。
今更部品請求もできんし、プラパーツの方が丈夫なので。
画像内1:
タンクの下に穴を開けて後付け出来るようにします。
画像内2:
クレーテb21に穴を開け、適当なプラ棒を挿し、ノイの腕部分に挿しこめるようにします。
画像内3:
ここも穴を開けて挿しこんであるだけです。
塗装後、角度を決めてから接着します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。