07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

えでぃの”マシクリしまくり?”

マシーネン・クリーガーを中心に模型の話とか日常のくだらない事をだらだらと書き綴るページです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

WARでGANS その6 

DSC00021.jpg


はい、だいたいの組み立てが終了しました。
あと残っている工作としては、股関節のボールジョイント化、小パーツの接着です。
ライト、ノズル、エンジン部は塗装しやすいように後接着とします。

DSC0000023.jpg


これで出口が見えてきました~。
問題は、何処で塗装しようか…
スポンサーサイト

怒りの?愛知万博顛末記 

行ってきました愛知万博。
朝五時半起床、9時には会場ゲート前に到着。当然ながら長蛇の列。
入口での持ち物検査のため、開場しているがちっとも人が減らない。
まあ、それはしゃーない。覚悟の上だ。
45分ほど待ってやっと順番が来る。かばんを開ける。
子供用に、ペットボトル2本に麦茶を凍らせて、保温ケース〈水筒みたいになる奴)に入れて持ってきていた。
係:「ペットボトルは持ちこみ出来ませんので、中身を紙コップに移してください。」
私:「これはうちで水筒代わりに使っているものですが?」
係:「すみませんが規則ですので持込できません。」

規則ならしゃーない。

私:「凍らせてあるのを出したいんですけど」
係:「奥のテーブルに居る係にはさみを借りてください。」

渋々奥のテーブルへ。

私:「これ、中身を出したいので鋏か何か貸してください。」
係2:「すみませんがここには刃物は無いので、お客様自身で切って出してください」

この一言でぶち切れ。

私:「お客様自身て、刃物の持ちこみも禁止しとるやないですか!こないせいっちゅーんですか?」
と、持っていたペットボトルをグシャグシャに揉み始める。
すると、隣に立っていた家内がペットボトルをもぎ取り、机にガンガン叩きつけ始めた(笑)
さすがに係の人も困ったらしく(そらそーだ)、「し、少々お待ち下さいっ!」と何処かへ。
その隙に、2本あるうちの1本をかばんに。

係2、戻ってくる。「あちらの保安所で鋏を借りれますので…」
私:「いや、もう結構です。捨ててください。」とぐしゃぐしゃのペットボトルを渡す。

で、このあと怒りが頂点に達する。だって、

会場内でペットボトル売っとるがな。

そもそも、何のためにペットボトルを捨てさせるのか?
エコロジー?そんなもん、

持っているものを捨てさせて

代替の紙コップを用意する時点で

エコ精神に反するやろ。


うちではペットボトルは水筒として、少なくとも10回は再利用しとるぞ!
テロ対策?あの持ち物検査では、水筒に毒物入っていても見抜けないやろ。

ま、あんなイベントするために自然を破壊しているんやから本末転倒というものでしょう。
「再利用しやすい材料、工法でエコロジー」だぁ?笑わせんなや。

「それなら万博主催者へ異議申立てをすれば良い」という声も聞こえてきそうですが、

それこそ時間の無駄遣いなのでしません。

あ、日立館は職場のコネで並ばずに入れたので非常に楽しめました。(笑)
未分類  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

突然ですが 

明日は仕事休み。
で、急遽「愛・地球博」へ行く事になったのでもう寝ます。
よってガンス製作日記はお休みでガンス。
DSC000010.jpg


さっきカブトムシのタマゴだけ入れているケースをみたら、結構な数の幼虫が産まれてるの。気になったので全部出してみたら、13匹いました。
タマゴも残り4個、まだこれから産卵するであろうメスが3匹。
楽しみ楽しみ~
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

WARでGANS その5 

DSC00016.jpg


とりあえず立ちました。うーむ、かわいい。
あとは、バーニアノズルやカメラやらといった付属品を付けていく訳ですが、インスト通りに組めるかと言うとそうでもなく、これまたセンセのオリジナルとにらめっこしながら良い位置を探さないといけません。
塗装の事を考えると、ある程度取り外し出来るようにもしないとね~。

で、ひとまずライトの位置決め。
DSC00018.jpg


ライトも、本当に「適当な」位置に「ぺっ」と付いているだけなので、その位置を割り出し、ドリルで開口してアルミ線を通しました。
真鍮線よりアルミ線の方が柔らかいので微妙な位置決めをしやすい。

さーて、他のパーツをどうしようかな… 

私の模型製作環境(自宅編) 

だんだん風と雨が強くなって参りました。
台風7号、直撃かな~?


さて、今日は私の製作環境など。
画像は我が家のリビング/ダイニングルーム。いつも食卓で作業しております。

独身時代は作業部屋があったので、作業途中でも放置できたのですが、
食卓なので当然作業終了(=就寝)時にはきれいに片付けなければなりません。
しかし、これがかえって作業効率を高めているように思います。

いつでも放置できる
   ↓
思いついたらどんどん新しいキットに手を付ける
   ↓
完成にはほど遠くなる

という図式が無くなり、1つのアイテムに集中するようになりました。
撤収時間も考慮して作業を進めるようになり、毎日片付けるので部品紛失も少なくなりました。
欠点は塗装がしにくい。
特にこの季節、窓やドアを開けたままにするので、有機溶剤は御法度です。
以前、ベランダでサフスプレー吹いた途端、隣家の窓が「ピシャ!」っと閉められてしまいました(笑)
うちはお宅の亭主がベランダで吸うタバコの臭いを我慢してるのに~(笑)

DSC00020.jpg


作業を進めながら省スペース化する為、不要なランナーはどんどん切り飛ばし捨てていきます。見た目にも、残りパーツがどんどん少なくなっていくので嬉しかったり。
それに出張先へ持ち出して夜ホテルで製作する「モバイルモデリング」も多いので、省スペース化は重要です。



WARでGANS その4 



このところ、夜が涼しいので作業がはかどります~。
画像はスピーダーバイクにまたがる「ロスト・イン・スペース」のロボット。






冗談はさておき。

インストでは上下ボディを接着するのは最終段階と指定されておりますが、
早く立ち姿を見たいのでさっさと接着。
ガンスが上級者向きと言われるのに、パーツの位置決めの難しさがあると思います。
この上下ボディ接着にしても、ダボは皆無、インストにも「この辺で合わせてください」程度しか書いていません。前後位置と正中線を決めるのに一苦労。
私の場合はマックロ本2と横山センセのホームページ画像を参考に決めました。

WARでGANS その3 

DSC00002.jpg

ガンスのノズル。キットに附属のレジンパーツ(画像右)は肉厚が薄いためかぐにゃぐにゃに変形していて修正が大変そうなので、アーティストモデルにも使われたフレーダーマウス(ホルニッセ)のノズルを加工。
この方が楽かな~と思っていたが、ノズルのモールドを削るのが結構面倒くさい!レジンパーツ直すほうが早かったかも。

大揺れのようですが 

関東地方で震度5強。
皆さんは大丈夫でしたか?
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

WARでGANS その2 

DSC00001.jpg

地道に続いております。本日はボディ編。
中央のタンク部分はムクで重たそうだったので肉抜きしています。
前部分、ノイスポッターのパーツはインスト通りに組むと安定しないので好き勝手に作っております。できればあと3日くらいで組み上げて、塗装前状態にしたいのですが…

WARでGANS 

DSC00023.jpg


お次のアイテム~
元祖ガンスでがんす。
いつか作ろうと思いつつ、一度は手元にあったカステン版ガンスを、ヤフオクで「クラッヘンフォーゲルと交換希望」に応じて手放した。(2000年11月)
だって、まだ近所の模型店に在庫あったから。んで、翌週行ってみたら無くなってた(泣)
それから4年3ヶ月、やっとヤフオクで再会、奇跡的に定価で落札!
出展者様が、商品名を「モデルカステン1/20ガンス」とだけしていたので、「Ma.K」「S.F.3.D」等の検索にかからなかった模様。
まるで、マシーネンの神様が「これで作らんかったら天罰あたえちゃるぞ」とのお告げと共に与えて下さったかのよう。

最初はこれを見ながら、アーティストモデルのパーツを集めて作るつもりでした。
しかし、カステン版のディテールもよく出来ているし、何より時間がない!
アーティストモデルのパーツもほぼ揃っているので、これはまた時間を見て作ろうかと。
(思っているだけできっと作らんような…)

時短モデリングの為、接着は瞬間接着剤を多用しております。
早いけど、衝撃に弱いかも。
-- 続きを読む --

フェルクルもえ~ 

DSC00014.jpg

DSC00013.jpg


今日でほぼ工作は終了~。
いや~かっちょええぇぇなぁぁぁ。
ワシの担当はここまで。塗装担当者(知る人ぞ知るドライブラシの名人)にバトンを渡します。
仕上がりが楽しみ~
うーん、しかしもう一個買っとけばよかった。誰かスケールダウンして出してくれんかなぁ。

おっと、次のアイテムにも着手しないと…

テンジカイネタ 

さて、マシーネンネタも書かねば。
DSC00007.jpg


11月の大阪Ma.KモケイテンジカイVol.3に向けて製作中のフェルクル。
rainbow egg製のすばらしいキットです。詳細はKATOOOさんのサイトへ。
今回はスタッフ展示のフォトストーリーに登場させるべく製作していますが、特撮する為に少しでも軽量化させる必要があるので、ドリルでガンガン穴あけ中。

今の時点では8割方組み上がっており、サフを吹いたら塗装は別のメンバーにバトンタッチします。
撮影の都合もあって、今月中にあと数点仕上げなアカン~!

類は友を呼ぶ? 

マシーネンを中心にするはずが、すっかりカブトムシ日記に…
で、今日もカブトネタ。

一昨日の昼、件の『清掃のおばちゃん』が妻に声をかけた。
「カブトムシ、また逃げてへん?」
曰く、また清掃中にメスカブトを見つけたそうな。
こんな町中(大阪市内)で野生のカブトもそうそうおらんやろうし、やはり何処からか逃げたのであろうけど、おばちゃん、実は蟲使い?(笑)
うちのではないと伝えたが、「誰のか判らんからもらっとき~」と、後から玄関先まで持ってきてくれたので、うちで引き取る事になった。

現在、オス1匹にメス4匹。ハーレムやな(笑)
貰ってきたオスが一番小さいが、ゼリーを与えてる所為か結構元気。
逃亡したメスと新入りメスと一緒に入れて、もうひとがんばりしてもらおう。

タマゴも一つ孵りました!5mmくらいのかわいい幼虫がウニウニしてます。
ムシ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

逃亡者 

昨夜日記を書いた後、「さて、就寝前にカブトの様子を見ておくか~」と
玄関〈カブト置き場)からすぐの部屋に置いてある懐中電灯を取りに行った。
すると、部屋の片隅で「カサカサ…カサカサ…」と聞こえてくる。
最初は壁一枚隔てた玄関でカブトがもぞもぞしているのかと思ったが、それにしては音が大きい。

音の出所を探ると、今は使っていないiMacの下に丸めてある電源コードが動いている!

そーっと覗いてみると…

DSC00011.jpg



いた。逃亡中のメスカブト。もちろん身柄拘束。
その場所は二日前に捜索した場所だったが、その時には別の場所に潜んでいたのだろうか…?


ムシ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

カブトムシ 

DSC00010.jpg

今、世間は空前の虫ブームらしい。
我が家は去年のこどもの日に、近所のスーパーで貰ったカブトムシの幼虫から始まった。
カブトムシは簡単に産卵までこぎ着けると聞いていたが、去年の幼虫は残念ながら産卵する前に昇天してしまった。
その教訓を胸に、今年はがんばって面倒見てます!(ワシが)
5匹貰ってきた幼虫が羽化するまでに3匹になり、しかも全てメス。
1匹はベランダから逃走したが、10日後奇跡的にマンションの清掃のおばちゃんにより身柄拘束!
しかし、3日前に再び逃走~(泣)
家の中のどこかに居るはずなのですが、音沙汰ありません…

しかし、残り2匹は、職場から貰われてきたオス(命名:チビキング)と順調に交尾、ようやく産卵しました!(喜)
さっき確認した所、2匹で15個程度産んでいました。

今年はどうにか産まれてくれよ~!
ムシ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

初ブログ 

最近(でもないか)流行のブログ。
なんとなく敬遠してきましたが、最近は自分のホームページもろくにメンテできてないし、出先から携帯でも気軽にアップできるらしいので挑戦してみます。
寒冷地仕様AFS

画像はModelGraphix誌2002年2月号に掲載された作例。
Ma.Kテンジカイ用にベースを付けました。

今から思えば、この作例が、ワシのAFS好きを加速させた物でした。
AFSって、ボディ幅を3ミリほど詰めて動きのあるポーズにするだけで見違えるほどカッチョよくなりますよ~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。